ヒッピー
ヒッピーとは、長髪、ヒゲ、Tシャツや簡素なコットンシャツ、手作りのアクセサリーなどが特徴のアメリカ生まれのファッション。

ヒッピーは、1965年の夏、サンフランシスコの貧民街での黒人暴動がきっかけで誕生。単なる服装のスタイルではなく、愛や平和、自然への回帰をテーマにした主張あるファッションとして、他と一線を画している。髪やヒゲをのばしっぱなしにし、ナチュラル素材のシャツに洗いざらしのジーンズ、素足などのスタイルは、急速に全米の若者へ波及。60、70年代の流行にも、大きな影響を与えた。1967年、日本でも一大ブームを起こしたものの、伝わったのはヘアスタイルや服装などの外見のみ。ヒッピーの根底にある思想に関心は集まらなかった。アメリカでは、1968年から前衛的な政治を支持するヒッピーを、「イッピー」を呼ぶようになった。


ヒップハング
ヒップハングとは、本来のウエストラインよりも下、または腰骨にひっかけて着用するスカートやパンツのこと。

ヒップハングは、ヒップハガーともいう。またヒップボーン(腰骨のこと)とも同義語だ。ヒップハンガー・スカートは、ウエストを締めずに腰の骨に引っかかるようにはく、スカートの総称。腰の途中までタイトで、ヨークや切り替え、プリーツによって、下の方に余裕を持たせたデザインのものが多い。丈は短めのものが多く、ブーツを合わせるとおしゃれだ。ヒップハガーズは、腰でひっかけるようにしてはく、股上が浅いパンツのこと。ヒップボーン・パンツともいう。ヒップハンガー・スカートは、ミニスカート全盛時代の1967年頃に流行。ヒップボーン・パンツが60年代末から70年代に大流行し、70年代ファッションを表す代名詞となっている。


ビスチェ
ビスチェとは、ストラップ(肩紐)のない丈の短い下着を意味するフランス語。もともとはインナー用語。

ビスチェは、ロングライン型のブラジャーのこと。インナーとしての分類上でも、おしゃれ感やセクシー感といった装飾のあるブラジャーのことをさす。バストラインの上部で水平にカットされ、ブラジャーがそのまま長くなったようなタイプのもので、ワイヤー使いでシルエットを強調する場合が多い。普及が進むかなでストラップレスのキャミソールをも含めて呼ばれるようになった。胸の形を整えながら上半身を美しく見せ、デザイン性も高いので根強い支持がある。あきらかにアウター狙いのものは、よりゴージャス、よりセクシーな路線が多い。


ビビッドカラー
ビビッドカラーとは、おもに原色をさす場合が多い。ビビッド(vivid)は鮮やかな、強烈な、生き生きとした、という意味である。

ビビッドカラーは、直訳すると、活力にあふれて生き生きした色あいという意味になる。多くの場合は赤や緑、黄色、青などの原色、ショッキングピンクやエメラルドブルーなど印象の強い色、あるいは蛍光色も含めて呼ばれている。ビビッドカラーだけでコーディネートすることは少ないが、差し色として使ったり、組み合わせで色を楽しんだりする。テーマカラーを絞って配色、アクセントなどを考えたいものだ。また、同じビビッドカラーでも、素材によって発色も違い、たいていは綿や麻といった天然素材より化繊のほうが発色はよく、手入れも手軽である。天然素材でも絹は、発色がよい。


ビブラム
ビブラムとは、イタリアのビブラム社製のゴム底、ビブラム・ソールのこと。ソールの定番スタイルとなっている。

ビブラムは、ビムラム社が作る登山靴、スキー靴、チロリアン・シューズ(チロル地方で用いるチロル風の靴の意味。軽登山用)などのヘビーデューティな靴によく使われている独特のソールをさす。山地や岩場、濡れた路面などの地形で、高いグリップ力を発揮し、踏ん張りがきく。そのうえ、長時間歩き続けることを前提に作られているので、程よい弾力性があり、疲れにくいのが特徴である。ビブラム・ソールは世界的に広まり、現在では各社が各種の合成ゴム底の靴を生産している。またラグ・ソール(凹凸のはっきりした丈夫なゴム底)、タンク・ソール、キャタピラー・ソール、ラギッド・ソールとも呼ばれている。


ビンテージジーンズ
ビンテージジーンズとは、希少価値の高額ジーンズというのが直接的な意味あいになる。

ビンテージジーンズは、もともとワイン用語であった「ビンテージ」という言葉を、ファッションに持ち込み価値ある年代物の古着のことをさすようになった。とくにジーンズに限って言う場合「ビンテージジーンズ」となる。1980年代前半から注目度が高まり、古着ブームが定着し、おしゃれな若者の間ではビンテージ物を入手するのが一つのステイタスのような傾向さえあった。ビンテージ物、ビンテージ・シックと呼ばれ、知っている人、わかる人たちだけの間で価値の高さを分かち合うというマニアックなおしゃれの楽しみ方ともいえる。一見、ゴミにも見間違えそうなほどボロボロのズタズタのジーンズやGジャンでも、安くて数万円から高いものでは数十万円するものも


ピーコート
ピーコートとは、英米ではピージャケットと呼ばれる。下級海員の防寒上着としてオランダで発祥した、厚めの外套。

ピーコートは、15世紀のオランダの漁夫、水兵などが着ていた荒い厚手の毛織物の防寒用上着に由来する。オランダでは「ピイヤッケル」と呼んでいた。ピイは「粗い毛織物」の意。この防寒上着は各国の水平、船員に取り入れられるようになり、米国では18世紀に海軍が改良して採用し、水兵に支給した。基本的なスタイルはダブルの前打ち合わせ、前身頃の中央付近に縦に切り込んだポケット、比較的幅広のノッチドカラー(刻み目のある襟)、太股辺りまでの丈、色は濃いブルーなどが特徴。防寒性と保温効果に優れ、シャツやセーターの上に直接羽織るために、細身に作られている。ボタンに船の錨のマークが刻まれることが多い。


ピコット
ピコットとは、編み物やレース、リボン、布などの端についている小さなループ状の飾りを指す。ピコ、あるいはビコットともいう。

ピコットは、フランス語で、とげ、くさび、という意味がある。正しくはピコ。しかし日本では、ピコットが一般的になっている。編み物やレース、リボンなどの片側、あるいは両側の端につけた小さなループ状、あるいはこぶ状の飾りを指す。リボンやフリルなど、薄物の端に使うと、一層効果的。鉤針や、棒針、タッチングレース、マクラメ・レースによって作るものと、布製に刺繍で作るものがある。ピコット・エッジは、布地にピコ・ミシンをかけ、その中央を縁にする技法。またピコット・シームは、ピコ・ミシンをかけたステッチの中央にできた縫い目をいう。そのままで布端の始末ができて、フリル飾りなどに使うことが多い。


ピンキーリング
ピンキーリングとは、願掛け、おまじない用のシンプルなリングのこと。ピンキーは、英語で小指の意味。

ピンキーリングは、小指につける、シンプルで小さめのリングのこと。リングの不思議パワーを信じる人にとっては、願いごとによって、つける場所も違えるという。小指という意味をもつピンキーリングは、もちろん小指につける。小指は「チャンスや秘密」の象徴として位置づけられ、ほかの指につけるリングよりあまり目立たないことから、男女を問わず、おしゃれを兼ねたお守り的な使い方として身につける人が多い。左の小指がポピュラーな位置。


ピンストライプ
ピンストライプとは、もっとも細い縞柄。ピンでひっかいたように、極細の縞柄のこと。細かい点線の縞柄を呼ぶこともある。

ピンストライプは、地色と縞の色の濃淡の差が大きい場合が多い。ネクタイ、チーフ、シャツ、ズボンなど、メンズライクなアイテムに幅広く愛用されている。婦人用に使われる場合もメンズテイストを活かしたカッチリイメージのアイテムが多いようだ。リクルーティングスーツとしても人気が高く、ちゃんとした印象を持ちながらも、若干の遊び心がある点が受けている。色は白、黒、紺、青、グレー、チャコールグレー、茶色、ベージュ、サーモンピンクといった、基本カラーの濃淡で描き出された縞模様である場合が多い。


ピンブローチ
ピンブローチとは、飾り付きの針のこと。飾り部分は宝石、色石、七宝、貝殻、彫金など素材によって表情豊かに。

ピンブローチは装飾するアイテムによって名称が異なる。タイを留めるのは「タイピン」、帽子を飾るのは「ハットピン」、ジャケットのラペルに飾るのが「ラペルピン」と呼び分ける。ブローチタイプよりも飾りは小さく、針部分そのものの持ち味が出るので素材にもこだわりたい。ゴールド、ホワイトゴールド、シルバー、プラチナ、チタンなど、アイテム自体があまりポピュラーでない分、選択の幅は狭いが、アンティーク物から探すという方法もある。なるべく布地を痛めない細さが計算されて作られているので、ショールやスカーフ留めとして使う場合もある。



[0]HOME

激安通販

携帯アクセス解析